COMPANY

…モードとスタイル、ファッション文化の醸成から連なる道…
…エコロジーとエコノミー、生活文化の醸成から連なる道…

これらの道のクロスロードに、大きく熱い可能性を持つ市場がありました。
私たちが開拓する「ブランドリサイクル事業」は、新しい未来へと続く道です。
そしてそれは、大きな可能性を持つ、日本的価値観の光る成長市場です。

一つ一つのブランド品に宿る哲学をリスペクトし、スタイルを継承していく…
できるだけ多くのお客様が、廉価にファッションを楽しめる機会を提供していく…

モノにまつわる物語=「想い」を大切に、三つのエコロジーである3R※を推進していく…
(※リユース・リサイクル・リデュース)

私たちの事業は「360°HAPPY」を体現するために続く道なのです。

私たちは、ブランドリサイクル業において、最も高い山の頂を目指しています。

一つ目の山は、「日本一」の山。
二つ目の山は、「世界一」の山。

ブランドリサイクルという二次流通業界で、二つの大山を登ろうとしています。

私たちが目指す山に、容易い道などあるはずもありません。
誰も登った事のない「ブランド二次流通業」という山なのですから。

しかし、山というものは、ぐるっと360°東西南北どこからでも登れます。
道はなくとも、工夫次第で、新しい道はいくらでも拓ける…
そう強く信じ、情熱を燃やし続け、歩み続ける事で“頂”に近づこうとしています。

そして今、共にその“頂”を目指す仲間を探しています。

人生の成長…すなわち己に勝つ(克つ)か負けるかは、最終的には“情熱の差”で決まります。

情熱を失ったら、成長の歩みは鈍化し、次第に止まってしまうでしょう。
すると、「イヤな事」が増え、日常の殆どの事柄が“憂鬱”になってしまいます。
憂鬱は、情熱の火が消えた“冷めた心”が招き入れますから、
心が冷めた時点で成長が止まるのです。

しかし、「イヤな事」さえ、憂鬱ではなく“人生の成長”に変える事もできます。
そのためには“情熱”を熱く燃やすほかありません。

仕事=人生とは、大変な事、難しい事、不明な事…限界を超える事の連続です。
それらは一瞬「イヤな事」かもしれませんが、勇気を以って取り組むのです。

“熱い心”で「イヤな事」に飛び込み、無我夢中で進んでいけば、
いつしかその熱が憂鬱を殺し、「イヤな事」というボーダーを消し去ります。
「イヤな事」が「イヤだった事」に昇華した瞬間、
行く手を阻んでいた「壁」が「扉」に変わり、次のステージのドアが開きます。

この繰り返しが、人生の成長=己に勝つ(克つ)ための要諦です。
そしてこの要諦こそが、ブランドオフイズム(主義)なのです。

ブランドオフは、希望を引き出すイズムで溢れている企業です。
私たちは今、「ブランド二次流通」という山の“頂”を、共に目指す仲間を探しています。

Live with PASSION

株式会社ブランドオフ 代表取締役社長 安山 勉

PAGE TOP ▲

Trilogy

トリロジーとは…「過去」「現在」「未来」、
3つの連なる時間軸を表す言葉です。

これら3つを同期して思考する事で、
「真価」を見出し、あるべき姿を顕在化する事ができます。

これは、「株式会社ブランドオフ」のトリロジー。
ブランドオフの「過去」「現在」「未来」を知るための冊子です。
どうぞ、ダウンロードのうえ、お読みください。

INDEX
・About ブランドオフのご紹介
・Past ブランドオフの歴史と沿革
・Present ブランドオフの今
・Future ブランドオフのビジョンと戦略
・Prehistory ブランドオフの前史・ファウンダー物語

PAGE TOP ▲

会社名:株式会社 ブランドオフ / Brand off Co.,Ltd.
創業年:1993年(平成5年)4月
本社所在地:〒921-8013 石川県金沢市新神田2丁目5番17号
2-5-17, Shinkanda, Kanazawa-City, Ishikawa, Japan
TEL:076-292-0402 (土・日・年末年始・祝日をのぞく)
FAX:076-292-0403
URL:http://www.brandoff.co.jp/
資本金:資本金3億7257万円
業務内容:海外ブランドのバッグ・時計ならびに宝石・貴金属・衣料の小売・買取・卸売事業
上記商品のweb通信販売事業、上記商品のオークション事業
従業員数:330名(パート含む)
店舗数:65店舗(直営40店舗 FC5店舗 海外20店舗)
取引銀行:三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・商工中金・北陸銀行・北國銀行・福井銀行
代表者:安山 勉
役員: 代表取締役社長
専務取締役
取締役
監査役(非常勤)
安山 勉
東口 浩
安山 千加子
清澤 繁樹

PAGE TOP ▲